フォースは Google Workspace 正規販売パートナーです

Google Workspace (G Suite)導入支援

Google Workspaceの導入支援 承ります。

Google Workspaceとは Gmail をはじめとするGoogle社のWebアプリケーションを独自ドメインで使用することができるサービスです。G suite(更に前はGoogle Apps)から名称が変更になりました。
いくつかのエディションに別れておりますが、学校様であれば学校全体(全生徒・学生及び教職員)への導入も無償にて行うことができます。残念ながら、企業向けの無償版サービスは終了してしまいました。企業様では1ユーザあたり月額680円からの有償サービスとなります。

Google Workspace の導入にはDNSをはじめとするドメイン管理の知識が必要になります。また、あまりに豊富な機能を、どのように設定して使うのか、または使わないのかといった選別が必要になります。ITに詳しくないユーザ様が多いほど、この「選別」が重要な作業になります。こうした初期導入・運用管理をフォースがお手伝いいたします。

フォースは Google Workspace の正規販売パートナーです。Google Workspace を弊社からお客様に直接販売いたします。販売から運用に至るまで一貫したサポートを提供することができます。もちろん、運用は自分たちで行うので販売だけしてほしいというお客様も歓迎いたします。クレジットカード決済に抵抗のあるお客様も、フォースからのご購入であれば銀行振込にてお支払いいただくことができます。すでにGoogle Workspace をお使いのお客様もフォースからのご購入に切り替えることが可能です。

Google Workspace には Gmail の他にカレンダー機能やOfficeソフト機能等々、豊富な機能が備わっています。Google Meetを使ったWeb会議や(双方向の)遠隔授業、Youtubeを使った授業等のライブ配信が可能です。YoutubeはGoogle傘下のサービスになりますので、Google Workspaceのドメインユーザに限定したライブ配信も可能です。

Google Worskapce の大きな強みの一つとして、PCと同時に極めて多くのモバイル機器に対応しているという点があげられます。会社支給のスマートフォンや(組織のポリシーによっては)個人持ちのスマートフォンでも、自席にいるのと同じ情報にアクセスすることができます。Google Workspaceがあれば、すぐにでもリモートワークを始めることが可能です。

  • メール
    Gmail を独自ドメインで使用することができます。様々なモバイル機器で使用することができますので、外出先でも自席のPCと全く同じメールボックスにアクセスすることができます。既読/未読管理も、メールの削除もすべて一つのメールボックスで完結できます。メール転送とは違います。
  • カレンダー
    複数のスケジュールをひとつのカレンダーにまとめることができます。また、組織内の他のメンバーとカレンダーを共有することも可能です。これにより、プロジェクト毎のカレンダーを作成して共有管理することも可能になります。また営業車/会議室等のリソースカレンダーを共有することで、簡単な予約システムとして運用することが可能です。
    カレンダーはOutlook予定表をはじめ様々なカレンダーと同期することが可能です。
  • ドキュメント/ドライブ
    Web上で提供されるOfficeソフトサービスです。マイクロソフト オフィス(ワード/エクセル/パワーポイント等)がインストールされていないPCやモバイル機器からでもオフィス形式のファイルを閲覧編集することが可能です。 Gmail に添付されたオフィスファイルを Googleドライブ に保存し、Googleドキュメント 経由で開くこともできます。
    社内PCのワードやエクセルでファイルを作成し、これを Googleドライブ にアップロードしておけば出先や自宅からでも内容を確認することが可能です。
    また、Googleドキュメントでは複数ユーザでの共同編集が可能です。これだけでアンケートや出欠確認、資料の赤ペン添削などが可能です。リモートワークにも役立ちます。
  • Meet
    Google Workspaceのビデオ会議システムです。カレンダーやメールとシームレスに連携しており、同一ドメイン内でのWeb会議は非常にスムーズに開催できます。

Google Workspace は組織の規模や種類によっていくつかのエディションに分かれます。

  • Google Apps(無償版)
    10ユーザまで(以前は50ユーザでした)は無償で使用することができるエディションです。
    機能制限があったり、広告表示されるという制約があります。
    無償版は(だいぶ前に)サービス終了してしまいました。
  • Google Workspace Business Starter
    1ユーザあたり月間680円の使用料が発生します。
    1ユーザあたりの30GByteのクラウドストレージが割り当てられます。
  • Google Workspace Business Standard
    1ユーザあたり月間1,360円の使用料が発生します。
    1ユーザあたり2Tのクラウドストレージが提供されます。(5ユーザ未満の場合は1ユーザあたり1TByte)
  • Google Workspace Business Plus
    1ユーザあたり月間2,040円の使用料が発生します。
    1ユーザあたり5Tのクラウドストレージが提供されます。
  • Google Workspace Enterprise
    使用料は別途お見積りとなります。
    Businessエディションの機能に加えて高度な管理機能が提供されます。
    300ユーザを超える契約はEnterpriseエディションが必要となります。
  • Google Workspace for Education Fundamentals
    教育機関に限って、ユーザ数無制限で利用できるエディションです。
    大学受験予備校様でもfor Educationの利用が認められた事があります。
    有償版G Suiteとほぼ同等の機能が無償にて提供されます。
  • Google Workspace for Education Standard
    for Education Fundamentalsの管理機能が強化された有償版エディションです。